被害が発生したら駆除をしよう

被害が発生したら駆除をしよう

被害が発生したら駆除をしよう シロアリが万が一住宅の中で発生してしまうと住宅に使用しているの木材を食べて、大切な建物をボロボロにしてしまうことをご存じですか?
シロアリの餌となるのは、木材や枕木などのいわゆる死んだ木です。
木材や杭、枕木などの餌が豊富な場所を見つけると仲間に知らせて大群で押し寄せてくるうえ、一度住み着いてしまうと時期を問わずに女王アリがどんどん繁殖を続けます。
しかも湿気の高い環境を好むので、住宅などに住み着きやすいと言われています。
建物内で一度発生すると、建物に使用されている木材を食い荒らしてしまいますが、その被害を受けるスピードはとてもはやく早いと一年くらいで家がボロボロにしてしまうのです。
被害が進むと駆除だけでなく、建物の修繕工事が必要になるので、気づいたらすぐに専門業者にシロアリ駆除を依頼しましょう。
また、駆除を終わったあとも油断は禁物です。
シロアリが好む環境を改善できていないと再度別のシロアリが住み着いてしまうことがあるからです。
シロアリ駆除を行うと共に湿度の高い環境を改善したり、餌となる木材などを家の周りに置かないように気を付けることでシロアリが住みにくい環境を作ることが大切です。

床下から侵入してくるシロアリは危険!早めにシロアリ駆除をしよう

床下から侵入してくるシロアリは危険!早めにシロアリ駆除をしよう シロアリは、建物の内部で発生してしまうと建物に使用されている木材などを食い荒らしてしまう害虫です。
シロアリが住宅へ侵入するルートで一番多いのが、地面に接している床下からのルートです。
特に日本のシロアリ被害は、土の中に住んでいる種類が侵入してくるケースがほとんどです。
基礎にできたわずかな隙間やヒビから地中に住んでいるシロアリが侵入し、建物に使用してい木材などの餌を見つけると大群で押し寄せてきます。
しかも決まった繁殖期がないため女王アリが絶えず繁殖を行うので、一度住み着くとどんどん数が増えてしまいます。
湿度が高い環境を好むので、そのまま床下などに住み着くケースが多く、一度発生してしまうと一年から数年というわずかな時間で住宅の木材を食い荒らし住宅をボロボロにしてしまうのです。
万が一発見やシロアリ駆除が遅れてしまうと建物の修繕工事が必要になるため、早期に発見することが大切です。
建物の被害に気付いたら、すぐに専門の業者にシロアリ駆除を依頼することをおすすめします。