シロアリ駆除なら当サイトにお任せ!

新築でもシロアリ駆除が必要になるケースはある?

新築でもシロアリ駆除が必要になるケースはある? 築年数の長い家に住む場合に心配になるのがシロアリ被害、ですがわずか1年の新築のお宅でもすでに柱がスカスカにといったケースも無いわけでは無いのです。
もしかしたらと思ったらすぐに調査を依頼すること、住み着いてから大変な事態になるまでのスピードが速いのも特徴であり、気のせいだろうと放っておいたら大切な新居があっという間にどうしようもない状態まで被害が広がります。
シロアリ駆除は家の築年数に関係なく見つけたらすぐにが基本です。
シロアリ駆除と共に大切なのが予防、不安ならば床下を点検しやすい作りにしておく・被害に遭いにくい木材を使用し侵入経路を初めから塞いでおくといった対策をしておくことです。
柱へのACQ注入など行っておいてもその効果を維持できるのはたった5年ほど、後はどんどん予防のための薬剤が分解されていくからこそ古い家ほど被害に遭いやすくなるというわけです。
せめてその5年間だけでも安全を保ちたいというなら、保証制度についても確認しておくことです。
大抵の業者では施工から5年以内なら無償で対応してもらえるはずです。

新築時にシロアリ駆除をする際の注意点とは

新築時にシロアリ駆除をする際の注意点とは シロアリ駆除というと、シロアリが巣くった住宅に対して駆除を行うイメージが強いかもしれません。
しかし、新築の戸建て住宅でもわずか1年ほどでシロアリが侵入して大量発生するリスクはあります。
シロアリは古い家だから好むということはありません。
どんな家でも侵入さえできればそこに住みつき、柱などを食べて気づかないうちに甚大な被害を被る可能性があるのです。
シロアリ駆除について注意点は、出てしまったシロアリを駆除するというよりはシロアリが侵入しても住みつかないように予防することが重要です。
また新しく住宅を建てる際、元々あったその土地にシロアリがいたなんて事もあり得ます。
その場合、敷地を事前に調べる土壌調査を行っておくと安心です。
そして新築の住宅の設計からシロアリ対策がしやすい設計にしておくこともポイントです。
床下などは点検しやすい設計にし、人が床下を動きやすいように床下の高さも考慮しましょう。
基礎の立ち上がり部分に開口部を設置しておくと便利です。
基礎の外側も点検できるようにウッドデッキなどの障害物を置かないなど注意を払いましょう。
基礎の立ち上がりに断熱材を貼る基礎断熱工法はシロアリ被害に遭う確率が高いので避けるようにします。
また、住宅を建てる際に使用する木は、シロアリ被害に遭いにくい木材・ヒバやベニヒなどを使うようにすると良いです。