薬剤の成分について

薬剤の成分について

薬剤の成分について 大切な住まいの柱や土台を食べて寿命を短くしてしまうシロアリ。
シロアリの兆候を見つけたら、すぐに対処しなければなりません。
多くの虫を駆除する・効果を持続させるという目的のため、シロアリ駆除に使われる薬剤の成分にはいくつかの種類があります。
比較的安全性が高いとされているのは、ネオニコチノイド系です。哺乳類や魚類に影響がなく、シロアリ以外の昆虫にも効くので、農薬にも利用されています。
シロアリ駆除によく使われているのは、フェニルピラゾール系。
神経伝達作用を阻害し、忌避性がないので駆除効果が高いですが、持続性が強く人間や魚類に影響を及ぼすことがあります。
似た名前の駆除成分にフェニルピロール系があります。
呼吸を阻害するためよく効きますが、遅効性があるので人間や魚類にも影響を与えることがあり、注意が必要です。
蚊取り線香などに使われており馴染みのあるピレスロイド系は、即効性がありますが忌避性もあり、全滅させたいときには不向きでしょう。
化学的に安定性のあるものとしてはカーバメート系があります。
これも神経に作用し呼吸障害を起こさせるので効果が高いですが、シックハウス症候群の原因になることがあるので、使用時は換気をきちんとすることが大切になります。
ゴキブリ駆除に使われるホウ酸はシロアリにも有効で、ホウ素化合物系は、触れたり口に入れたりしなければ人間にも安全で、持続的な効果が期待できます。

さまざまなシロアリ駆除の薬剤の種類と効き目

さまざまなシロアリ駆除の薬剤の種類と効き目 シロアリ駆除に用いる薬剤はさまざまあり、シロアリの巣を破壊するものやシロアリを寄せ付けないもの、またはその両方の効果のあるものがあります。
よく一般の方が使用するものにスプレー式のものがありますが、これは一度は床下から逃げだしてもまた戻ってくることもあるので、その後の防止が必要です。
よく用いられるのが土の中に埋め込むタイプで、シロアリが餌として食べることで死滅します。
巣や通り道、被害にあった部位などに貼り付けたりすることでシロアリがいなくなります。
その他には粉剤や乳剤タイプの駆除剤があり、床下の土やコンクリートの基礎部、束石などが対象で、粉のものは床下などに撒くだけで、乳剤は水などに薄めて散布したり専用のはけなどで塗布して使います。
シロアリの巣や被害に遭った木部がどこにあるか、土の部分にある巣が見えるかなどの条件に合ったものを使用することが必要です。
一般の方では床下に入り込めないので、そのな時には専門のシロアリ駆除業者に依頼します。